5分のラブラブシーンにはドキドキしました

4月から放送されているNHK朝ドラの「半分、青い」もいよいよあと残りとなって寂しい限りですが、9月19日の放送にはドキドキさせられました。「そよ風の扇風機」を開発している鈴愛と律ですが、開発が上手くいかず律は事務所に泊まり込んでいたのです。朝出社してきた鈴愛は、ソファで寝ている律にキスをしようとしました。その寸前で律が目を覚ますのですが、鈴愛の手を握り毛布に「入る?」と言ったのです。
この時点でドキドキしていましたが、さらにラブラブなシーンは続き最後はキスシーンで終了。その後、次の番組の「あさイチ」に切り替わり博多大吉・華丸さんと近江アナが「照れますね−」「5分間は長いですよ」と言っていたのです。多分、私と同じような気持ちで見ていたのだと思います。華丸さんなんかは朝をかいていました。という私も気がつけば汗をかいており、律と鈴愛がついに気持ちを確かめ合ったのだという安心感とドキドキで見ているうちに力が入っていたのでしょう。朝から妙な体力を使ってしまいました。キレイモ 学割 月額