小学校の運動会に、家族で行ってきました。

今日は、子供の運動会がありました。お弁当を家族分(五人分)作らなければいけないので、大変でした。唐揚げは冷凍食品で済ませました。息子が出る競技に間に合うように行くので、9時30分までに学校に着くように行きました。家から学校までは30分かかります。
息子の70メートル走は、6人中2位でした。いつも、練習の時は6番だったので、本番は2番が取れて良かったです。靴を「ばねのチカラ」と言う靴に変えたら、やる気が出たようで、いつもより速く走れたようです。
リレーに次は出ました。息子はバトンを落とさず、転ばずに、次の走者にバトンを渡すことができて良かったです。走り方が本気ではない様子で、もっと、走り方を習得すれば速く走れるのではないかと思います。スポーツ教室の「走り方教室」が夏休みにあるので、そこで正しい走り方を覚えてもらえば、速くなるかもしれません。
ダンスは、隣の子供の動きをキョロキョロ見ながら踊っていましたが、上手にできました。良かったです。いぶきの実 販売店

Duolingoで凡ミスしたり筋トレの方は調子よかったり

“昨日の朝は雨が降っていたので農作業はしないことにし、ベッドで寝ていたら下の部屋から複数の人の気配がしていたのでこの日が敬老の日で祝日であることを思い出しました。
そして起きたら髭剃りをしてから仕事を始めるのですが調子が悪くて上手く行きません。
仕方ないので一旦中断して語学学習アプリのDuolingoのその日の分をやることにします。
しかし、簡単な問題を間違えてしまい、一体なぜかと思ったらなんと「彼」にあたる部分に「She」を選んでしまい、何でもっとよく見なかったのか、何となく選んでしまったのかと落ち込みました。
それから筋トレをするのですがこちらの方は快調でプランクの方も自分で60秒数え終わる前に1分間のアラームが鳴りました。
ただし右肘だけのプランクでは60秒数えて目を開けるとまだ14秒も残っていて絶望します。
私は右利きなので右肘だけの方が楽なような気がするのですが、左肘だけだと60秒数える前にアラームが鳴ったので不思議です。
もしかしたら順番のせいかもしれないので次は左肘を先にやってみることにします。”

6月20日のアメリカ株式市場とテスラの産業スパイ事件

 6月20日のアメリカ株式市場は、NYダウ工業株30種平均は前42ドル41セント安の2万4657ドル80セント、NASDAQ総合は前55.930高ポの7,781.515ポで終えています。ダウは7日続落、NASDAQは反発して4営業日ぶりの過去最高を更新しています。
 米中貿易摩擦や中国経済鈍化に加えてFRB議長が20日、ポルトガルで開催中の経済フォーラムで利上げ継続に積極的な姿勢を示したことが相場の重しになったようです。一方で続落が続いていることから、取引開始直後に打診買いが入り、ダウが100ドル上げた場面もありました。この他、ゼネラル・エレクトリック(GE)がダウ平均の構成銘柄からの除外が決まりました。鉱業株については売られ過ぎという見方も出てきています。
 キャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエムの売りが続いた他、GEやスターバックスが下げる一方、キャンピングカーなど製造販売のウィネベーゴ・インダストリーズ、21世紀フォックス、来週ダウ平均の構成銘柄に加わるドラッグストア大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが上昇しました。
 ECやSNSなどのハイテク株がデフェンシブ扱いされる流れも変わらず、フェイスブックやアマゾン・ドット・コム、ネットフリックスが上場来高値を更新し、バイオ株も上昇しました。この他、20日に電気自動車(EV)メーカー・テスラが、元従業員が同社の事業の基本ソフト(OS)にハッカー攻撃を仕掛けて侵入し、極秘データを盗み出した上で、第三者に送ったとして、ネバダ州の連邦裁判所に提訴した事件が起こり、第三者の相手先によっては米中貿易摩擦に影響する可能性もあるかもしれません。