真夏の夜の満腹思い出、わんこ杏仁豆腐事件

あれは真夏の夜であった。
友人と4人、本来ならイタリアンを食べる予定であったが、時間が遅く、お店が閉まっていた。
仕方なく、焼肉の食べ放題でも行こうか、ということになり、近くの焼肉食べ放題に行った。
少し待ち時間はあったものの、割と早めに席へ案内された。
店内は混んでいた。
早速、タッチパネルで飲み物とお肉を注文していく。
まずは生ビール、コーラ、タン塩、カルビ、ハラミ、レバー、ホルモン、サンチュ、サラダ、石焼ビビンバ…。
沢山のものを頼んで、次々に焼いていき、食べた。
たらふく食べて、おしゃべりして、そろそろ食べ放題も終わる時間。
さて、デザートでも食べようかと、杏仁豆腐を4つ頼んだ。
少し経って杏仁豆腐が来た。
食べた。
さらに杏仁豆腐が4つ来た。
…誰かまた頼んだの?まぁ、いいか、何も考えず食べた。
さらに杏仁豆腐が4つ来た。
…どう考えてもおかしいよね?誰も頼んでないよね?でも、来ちゃったし食べるしかないよね…。
食べてから、となりの席も4人のお客さんだということに気づいた。
そして、なかなか杏仁豆腐来ないね?何回も頼んでるのにね?という会話が聞こえた。
店員さんが笑顔で、さらに杏仁豆腐を4つ持ってきた。
いや、となりの席だと思いますよ…。
わんこ杏仁豆腐からの解放であった。https://www.unicompinc.co/